先生

手軽に痩せられる脂肪吸引や脂肪注射を受けてみよう!

  1. ホーム
  2. 施術前に確認するポイント

施術前に確認するポイント

レディ

術後の身体は自分で管理

脂肪吸引の施術は大きく分けて2種類あります。1つ目は吸引する場所にメスを入れて管を挿入し、文字通り脂肪を吸い出す方法です。この施術は一気に大量の脂肪を取り除けることから、特にお腹など範囲が広い部位に向いています。2つ目は身体の中で脂肪組織を破壊して、自然に排出されるのを待つ方法です。この方法には皮膚の上から超音波を当てて脂肪組織を破壊するものと、薬剤を注射して脂肪を溶かすものがあります。こちらは複数回施術を行う必要があるものの、一回当たりの施術時間はかなり短いという特徴もあり、比較的気軽に受けやすい施術でもあります。その中でも注射を用いた施術は通称『メソセラピー』と呼ばれ、薬剤を注射するだけなのでかなり短時間で済ませることができると評判です。いわゆる『肥満』とされるのは、皮膚の下にある脂肪細胞一つ一つが大きくなってしまった状態です。メソセラピーは脂肪細胞の数自体を減らすため、リバウンドが起きにくい身体を作ることかできるというメリットもあります。さらに、コラーゲンや老廃物などが脂肪に絡まってできた、通常のダイエットでは解消されにくいセルライトにも効果が見られることから、かなり注目を集めている脂肪吸引の方法です。術後の身体への負担で比べると、身体にメスを入れない施術を選んだ方がもちろん軽くなります。日常生活に戻れるまでの時間も短く、副作用が起きる可能性も低いでしょう。ただし何度も通院しなければいけないことや、施術が完了するまでに時間が掛かることがデメリットです。すぐに痩身効果を得たいなら1つ目のメスを入れて吸引する方法を、より安全かつ自然に近い形で脂肪を落としていきたいなら2つ目の脂肪組織を破壊する方法をおすすめします。脂肪吸引の施術を受けた後は、大抵の場合その日からシャワーを浴びることは可能です。ただし入浴はしばらくの間禁止されることがあります。また、注射を用いた施術なら当日、メスを入れる施術でも比較的傷口が小さい種類なら翌日からでも仕事に復帰できるようです。しかし、激しい運動は術後一ヶ月程度控えた方が良いとされているため、業務の内容によっては担当医に相談が必要かもしれません。これらに加えて、術後の生活には守るべき注意点がいくつかあります。まず1つ目に脂肪吸引を行った箇所を圧迫することです。これには残った脂肪を安定させてボディラインを整える効果や、内出血や腫れなどの症状を抑える効果があります。2つ目は脂肪吸引を行った部位のマッサージですが、その理由は吸引後に皮膚の下が固くなる現象がよく見られるためです。これを防ぐのがこまめなマッサージで、行わないと皮膚が凸凹して見た目が悪くなってしまうことがあります。そして3つ目は、飲酒や喫煙を控えることです。脂肪を吸引した部位が正常に回復するには血液によって運ばれる酸素や栄養素が不可欠ですが、タバコに含まれるニコチンやアルコールはそれを阻害してしまいます。その結果むくみや内出血でボディラインが崩れてしまうこともあります。安全と言われる施術を受けても、必ずしもトラブルが発生しないとは限りません。施術を受けた後の生活については、担当医の説明をしっかりと聞いて受けた本人が気を付けるしかないと言えます。